セルフ脱毛の正しいやり方を紹介!

セルフ脱毛の正しいやり方を紹介!
自宅で簡単にツルスベ肌をゲット

「サロンやクリニックで脱毛したいけどお金が足りないなぁ」
「忙しくて通う時間がなかなかとれないよ…」

そんなときは、自宅でできるセルフ脱毛法に頼ってみるのもいいかもしれません

カミソリや脱毛クリーム、脱毛テープ・シートなど、方法はさまざま。
どの脱毛法も、自宅でカンタンにできて費用がおさえられるのがポイントです。

ただ、間違った処理をしてしまうと、肌荒れなどのトラブルが起きることも…
セルフ脱毛をするときは、やり方やアイテム選びに気を付けてくださいね。

今回は、代表的なセルフ脱毛法の正しいやり方をご紹介。
ムダ毛の処理にお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

カミソリ

カミソリは、セルフ脱毛の定番アイテム。
カンタンにムダ毛処理できる優れものなので、使っている方も多いですね。

ただ、毛と一緒に表皮も削ってしまうため、実は肌ダメージがもっとも大きいです。
必ずシェービング用のジェルやフォームを利用し、肌への負担を減らしましょう。

シェービング剤で毛を寝かせたら、毛の流れに沿ってやさしく刃を当てること。
皮膚をしっかり伸ばして、何度も同じ場所を剃らないように注意してくださいね。
また、除毛後はオイルや乳液などでしっかりと保湿をするのも重要ですよ。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、除毛効果のあるクリームで表面の毛を溶かして脱毛します。
皮膚に塗って放置したら洗い流すだけ、という手軽さが魅力です。

注意したいのは、クリームを落とすとき。
強くこすり過ぎたり、十分に洗い流せていなかったりすると肌を痛めてしまいます
スポンジやティッシュでやさしく撫でるように落として、しっかりとすすぎましょう。

また、肌質・アレルギーによっては赤みやはれなどのトラブルが起きることも…
使う前に一度、パッチテストで問題ないかどうか確認してくださいね。

脱毛テープ・脱毛シート

脱毛テープとは、粘着力の強いワックス素材が塗られたムダ毛処理アイテムです。
サイズや製品名によって、「脱毛シート」「ワックスシート」などと呼ばれます。

使い方は、脱毛したい場所にシートを貼って剥がすだけ。
毛を引っこ抜いて脱毛するので、使用後は必ず肌を冷やして毛穴をケアしましょう。
そのままにしておくと毛穴に細菌や汚れが入り込み、炎症を起こしてしまうかも…

また、脱毛テープ・シートは肌に直接貼りつけるので、使用前のパッチテストは必須です。
剥がすときの刺激がかなり強いですし、お肌が弱い人は使用に気を付けてくださいね。

ムダ毛の処理に
お悩みの女性の皆さまへ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
ここでは、自宅でできるセルフ脱毛法をご紹介しました。

今回ご紹介した方法は、あくまで一時的に毛を減らす方法
気になって何度も処理しているうちに、肌へのダメージがどんどん蓄積されてしまいます。
そのため、すこしでもはやく専門機関できちんと脱毛するのがオススメ

費用がなかなか捻出できない…という方は、部分脱毛からはじめるのも◎
気になる部位を脱毛するだけでも、お手入れのストレスや肌荒れがだいぶ減りますよ。

当サイトでは、医療脱毛で人気の部位をランキング形式でご紹介しています。
こちらも参考にして、ぜひ医療脱毛へのチャレンジもご検討くださいね。