脱毛方法の種類は?

脱毛方法の種類は?
レーザー・フラッシュ・ニードルの特徴を紹介

「脱毛方法って種類が沢山あってよくわからない」
「どの脱毛方式がオススメなのかなぁ…」

脱毛しようとお考えの方は、種類や方法についてこんな疑問があるかもしれません。

たしかに、サロンやクリニックによって導入する脱毛方式はさまざま。
イマイチ違いがわからなくて、結局どれを選べばいいのかなぁ…と悩んでしまいますね。

脱毛方式は、レーザー・フラッシュ・ニードルと大きく3種類に分けられます。
それぞれ効果や完了までの期間、費用が違うため、特徴を理解して選ぶのが大切ですよ。

ここでは、脱毛方法の特徴を種類ごとにご紹介。
ぜひこの記事を参考にして、脱毛にトライしてみてくださいね。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、熱レーザーで毛根を破壊して脱毛する方法。
3種類の脱毛方式のなかで、脱毛効果・期間・費用のバランスが一番◎です。

レーザー脱毛は、医療資格者しか施術できないため、医療クリニックでの扱いのみ。
医療用マシーンを使っているので、出力エネルギーが大きく高い脱毛効果を発揮します。
効果が高いぶん施術も少なくて済み、脱毛完了の目安は5~7回と言われているんですよ。

またクリニックで施術を受けるため、万が一の肌トラブルにもすぐ対応。
治療費やお薬代がプランに含まれている場合も多く、安心して脱毛できます。

ただ、レーザー脱毛の平均的な料金は、全身で20~30万円
脱毛マシーンが高価で有資格者が施術するので、お値段がちょっぴりお高めです。
分割払いや割引などで、費用をおさえられるクリニックを選ぶといいですよ。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、光エネルギーで毛根にアプローチする脱毛方法。
レーザー脱毛より出力エネルギーが弱く、3種類のなかで脱毛効果はもっとも低いです。
12~20回ほど施術の回数を重ねれば、毛が生えてこないと言われています。

フラッシュ脱毛は、エネルギーが弱いぶん痛みや肌への負担が少ないのがメリット
全身脱毛の平均価格も15~25万円ほどと、もっとも安く施術を受けられます。
敏感肌の方や痛みにあまり強くない方は、フラッシュ脱毛がオススメですよ。

ちなみにフラッシュ脱毛は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛などに分けられることも。
マシーンによる光の波長が若干違いますが、それぞれの脱毛効果に大きな差はありません。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、細い針を毛穴に差し込み、毛根を破壊することで脱毛する方法。
一本一本の毛を処理するため、脱毛方式のなかでもっとも脱毛効果が高いです。
月に一度のスパンで5~6回程度の施術を受ければ、ツルツルのお肌が手に入りますよ。

ただ、一回の施術にかなり時間がかかってしまうのが難点。
針を毛穴に差し込むときに強い痛みを伴うので、長時間痛みを我慢しなければなりません

またニードル脱毛は、「毛1本あたり」や「1分あたり」での料金設定が主流です。
そのため費用がかさみやすく、両ワキだけで10万円を超えてしまうことも…

部位を限定的にしたり、麻酔サービスがあったりするサロンを選ぶと安心ですね。

これから脱毛にチャレンジしようと
お考えの皆さまへ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
ここでは、脱毛方法の特徴を種類ごとにご紹介しました。

費用やかける期間、脱毛効果などを比べて、自分の希望に沿った方法を選びましょう。
全身脱毛だとどうしても費用がかさんでしまうので、部分的に脱毛をはじめるのも◎

当サイトでは、脱毛で人気の部位をランキング形式でご紹介しています。
ほかにも脱毛に役立つ豆知識をまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。